アロマオイルの効能〜使い方や効果からマッサージや虫除けなど…のTOPに戻る
「アロマオイルの効能〜使い方や効果からマッサージや虫除けなど…」トップ >  アロマオイルの注意点 > アロマオイルの注意点2〜直射日光、引火、敏感肌は要注意…

アロマオイルの注意点2〜直射日光、引火、敏感肌は要注意…


アロマオイルは今若い人の間でブームになっていますが、様々なアロマオイルが出回っています。使い方を誤ると事故の元になります。

アロマオイルについての注意点はたくさんあります。

まず、効能が好まれよく使われる、レモン、ベルガモット、グレープフルーツ、オレンジ、などのミカン科のアロマオイルをご使用の際には十分注意しましょう。

成分の中に紫外線に反応して、肌に炎症を起こす成分が含まれています。また、しみになったり色素沈着やかゆみを起こしてしまうものもあります。
アロマオイルを直接肌に付けた場合は、個人差はありますが7時間〜8時間は直射日光に当てないようにしましょう。
肌が直接日に当たらない場所は心配ないです。

その他アロマオイルには“引火性”があります。火気には十分注意するとともに高温多湿は避けて保管しましょう。

アロマオイルにも使用期限があります。劣化したアロマオイルは酸化してしまいますので、使用の際に好ましくない作用が現れます。
香りに変質が生じたら、すぐにそのアロマオイルの使用を中止してください。

海外の本などでは、アロマエッセンスを飲むことを勧めているものがあります。しかし、日本ではまだ勧められていません。
口に入れることによって消化器官に何らかの影響を与えると思います。かなり体に刺激を与え、いろんな影響を受けると考えられるため、自己判断で飲むことはおやめください。

アロマオイルはその効能を生かし、直接肌に付ける場合もあります。ですが全ての方に合うとは限りませんので十分気をつけてください。
特に敏感肌の方は、まずパッチテストを行ってからのご使用してください。

関連コンテンツ

アロマオイルの注意点1〜使用法を誤ると好ましくない作用も…

アロマオイルを使用するにあたって、いくつかの注意点があります。しっかりポイントをつかんで、正しく使用し、安全に、かつ有効に使用しましょう。 使用方法を誤ると、効能があるからこそ、好ましくない作用・・・