アロマオイルの効能〜使い方や効果からマッサージや虫除けなど…のTOPに戻る
「アロマオイルの効能〜使い方や効果からマッサージや虫除けなど…」トップ >  アロマオイルの注意点 > アロマオイルの注意点1〜使用法を誤ると好ましくない作用も…

アロマオイルの注意点1〜使用法を誤ると好ましくない作用も…


アロマオイルを使用するにあたって、いくつかの注意点があります。しっかりポイントをつかんで、正しく使用し、安全に、かつ有効に使用しましょう。

使用方法を誤ると、効能があるからこそ、好ましくない作用が起きてしまうことも多々あります。

様々なアロマオイルを使う方法があります。そのつど活用方法により注意点が異なりますが、正しく使用しましょう。

”ず事前確認を行い、安全にアロマテラピーを楽しみましょう。

△泙坤▲蹈泪謄薀圈爾鬚垢襪箸の基本的な注意事項は、“用量を守る”ことです。

アロマエッセンスは香りの成分です。
通常市販されている物は、小さなビンに詰められています。もともとは植物に含まれていた香りや効能が、いくつかの過程を経て凝縮された物をビンに詰められます。

ビンに詰められている時にはもとの植物の状態よりかなり凝縮されており、濃度が高いので、使用する際には使用方法・用量を守らねばなりません。

特に皮膚に付けるアロマテラピーにおいては、必ず“薄めて”使用しましょう。直接皮膚に付けると強すぎるのでかぶれの原因となります。気をつけましょう。

アロマオイルにして使用する場合だけではなく、アロマテラピーとして活用する際には必ず用量を守りましょう。

次に適度な換気は大切です。

鼻は疲れやすく、鈍くなることも意外と早いです。気分が悪くなったり、香りがきつすぎると少しでも感じたら、すぐに換気をしましょう。

そしてアロマテラピーは医療ではありません。あくまでリラクゼーションを目的としたものです。

大人よりも効能の感じ方が敏感ですにで、妊娠中の方やお子様へのご使用は十分配慮をお願います。

アロマオイルは、健康な成人への対象とした“癒しの方法”のひとつと考えてください。

関連コンテンツ

アロマオイルの注意点2〜直射日光、引火、敏感肌は要注意…

アロマオイルは今若い人の間でブームになっていますが、様々なアロマオイルが出回っています。使い方を誤ると事故の元になります。 アロマオイルについての注意点はたくさんあります。 まず、効能が好・・・