アロマオイルの効能〜使い方や効果からマッサージや虫除けなど…のTOPに戻る

妊娠中・出産時のアロマオイルは良い結果をもたらす…


妊娠中でのアロマオイルのご使用は、十分に勉強された方が医師の診察のもとで,妊婦さんにも母体にも異常なく健康なである方のみ行ってください。

私もそうでしたが、普段はまったく気づかないような香りも敏感に察知します。
妊娠中は鼻が敏感になっています。

妊娠初期のトラブルといえばつわりでしょうか。精神的なものから来る、と言われていましたが半分は当たりで半分は違うんじゃないかとも思います。特につわり中は敏感になっています。
私は何もせず寝て暮らしていることがつわりの軽減になりましたが、これは人によりけりです。

つわりには極低濃度のアロマオイルを使用します。メリッサ、マロウ、ラベンダーを薄めて、ほのかに香る程度の水スプレーをお部屋に振り掛けます。
私は無臭スプレーでにおい消しをしていましたが、ほのかな香りで癒される方にはお勧めです。

また妊娠中でも風邪をひいてしまうこともあります。風邪薬も産婦人科で処方されますが、あまり飲みたくないですね。
そんな時はエキナセアやセントジョーンズワートのハーブティーを飲みます。
また頭痛には薄めたラベンダーやペパーミントのアロマオイルを首筋に塗ると痛みが軽なる効能があります。

私が出産した産婦人科では、陣痛室で事前に選んだ好きなアロマオイルを焚いてくれます。
はっきり言って陣痛は痛みとの戦いなので、香りに気になる余裕がありません。
しかし、勝手に鼻から吸い込むことで、出産によい結果をもたらすことが多いいようです。

楽しみながら、良い妊娠生活、出産を送るためにも、アロマオイルの効能を生かし、活用したいですね。

関連コンテンツ

アロマオイルでの五月病対策にはローズマリー、レモン、ベルガモット…

新入生や新社会人の方、何かと4月に新しい環境になられた方が、4月は緊張でいっぱいだったのが5月になり少し気が抜けます。医学用語に「五月病」といった病名はないそうです。 強い焦りや緊張感などからく・・・