アロマオイルの効能〜使い方や効果からマッサージや虫除けなど…のTOPに戻る
「アロマオイルの効能〜使い方や効果からマッサージや虫除けなど…」トップ >  アロマオイルの対症療法 > アロマオイルでの五月病対策にはローズマリー、レモン、ベルガモット…

アロマオイルでの五月病対策にはローズマリー、レモン、ベルガモット…


新入生や新社会人の方、何かと4月に新しい環境になられた方が、4月は緊張でいっぱいだったのが5月になり少し気が抜けます。医学用語に「五月病」といった病名はないそうです。

強い焦りや緊張感などからくる憂鬱感、不安感、やる気が出ないなどの症状が現れるのが5月辺りのため「五月病」と呼ばれています。

ひどくなってくると心だけではなく、体にも異変をきたします。不眠に始まりめまい、肩こり、頭痛などが起こったら、よれなりの対処しなければなりません。
もちろんアロマテラピーは医療ではないので、ひどい場合には病院にかかってください。アロマテラピーはあくまで気分転換とリラックスして不安感や緊張感を和らげる効果があります。

ローズマリーは五月病の「やる気のなさ」に効きます。ローズマリーの効能には、脳に刺激を与え、無気力をの緩和することが期待できます。
ほっと一息ローズマリーのハーブティーを飲んでみてはいかがでしょう。

次に体のだるさから“やる気のなさ”を感じる方にはレモンがお勧めです。レモンのアロマオイルには胃の機能を活性化すると同時に集中力を高める効果があります。
レモンの香りは時間のないときにでも、一瞬香りを鼻から吸い込むだけでもシャキっとしそうですし、爽やかですね。

緊張や不安感には“ベルガモット”が良いです。昔からベルガモットのアロマオイルは、抑うつ感情の緩和に効能があると言われ、使用されています。

五月病は自分を追い込んでしまう傾向が強いと言われています。億劫に感じるかもれませんが、鼻からの香りを吸い込む刺激というのは意外と簡単に気分を変えてくれるかもしれませんよ。

まずは空気を変えてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ

妊娠中・出産時のアロマオイルは良い結果をもたらす…

妊娠中でのアロマオイルのご使用は、十分に勉強された方が医師の診察のもとで,妊婦さんにも母体にも異常なく健康なである方のみ行ってください。 私もそうでしたが、普段はまったく気づかないような香りも敏・・・